手作りマスク 材料が手に入らない時の対処法【布小物DIY】

手作りマスクの材料が手に入らない時の対処法

新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続いていますね。
 
少しずつ店頭に並ぶようにもなりましたが、安定して手に入る状態にはなっていない印象です。
 
最近では、手作りする方が増えてきたことで、マスク用のゴムや100円ショップの端切れ布、ガーゼ生地などもひな切れ状態が続いています。
 
そこで今回は、マスク作りの材料が手に入らない時に、代用できるものをご紹介したいと思います。
 







ガーゼ生地の代わりに使えるもの

洋服や肌着

もう着なくなった衣類を裁断して、マスク生地として使うことができます。肌に直接触れるものなので、綿100%の生地や肌着がいいかなと思います。
探してみると、意外と「これはもう着そうにないな」というものがありますよ。
 

ハンカチやバンダナ

「マスクの生地にしてもいいか」と思うものが1枚か2枚はあるはず。タオルハンカチは厚すぎるので、薄いハンカチを使いましょう。
 

マスク用ゴムの代わりに使えるもの

Tシャツ生地のバイアステープ

Tシャツ生地は、他の布に比べると伸縮性があるのでゴムの代わりとして使えます。Tシャツを切る場合には、できるだけ正バイアスで切るようにすると、マスクゴムの代用として使いやすいと思います。
また、100円ショップには写真のようなものも売られています。
Tシャツ生地
 
ただ、ゴムと同じぐらい伸びるわけではないので、実際に自分の顔に当ててみて、長さを調整するようにしましょう。
 

不織布マスクのゴム

使い捨ての不織布マスクは、使い終わったらそのまま捨ててしまいがち。
捨てる前に、ゴムを切り取っておくと、手作りマスクに活用できます。1本1本は短いので、2本ぐらいをつなげて使うといいと思います。
ゴムを再利用する時には、洗濯や消毒をしっかりしてから使いましょう。
 

まとめ

今回は、実際に僕が試したものをご紹介しました。
他にも使えるものを見つけたら、随時追加していきたいと思います。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です