無料公開!木製コンポストの作り方【完全版】図面あり


以前、コンポストの作り方について記事を書きました。

木製コンポストの作り方【DIY】自作の堆肥でエコ生活!


 
おかげさまで、多くの方に上記記事を読んでいただいております。
そこで今回は、木製コンポストの作り方【完全版】として、1枚の合板から2個のコンポストを作る方法を記事にしました。
 
ほとんどのホームセンターで購入できる1820mm×910mm×12mmの合板を使ったコンポスト作成方法です。
 
※記事内の画像をまとめたマニュアル(PDFファイル)は、こちらからダウンロード可能です。
 

木製コンポストの作り方【完全版】

準備するもの

まずは、以下のものを準備しましょう。

インパクトドライバもしくは電動ドリルドライバがあると、作業が楽です。可能ならば、準備しましょう。
 
ちなみに僕のおすすめは、リョービのインパクトドライバです。
リョービ(RYOBI) インパクトドライバ CID-1100 657100A
 

製作手順

次に、製作手順の確認です。

図面を見ながら完成図(できあがり)をイメージすることで、製作過程でのミスを減らすことができます。
木取り図は、あとで出てきます。印刷ができない場合は、手書きで書き写すか、スマホの画面で提示すればOKです。
 

完成図を確認する

今回作るコンポストは、以下のサイズです。

この図を見て、板の合わせ方や必要な部材をしっかりとイメージしましょう。
 

木取り図を印刷する

コンポスト2個分の木取り図です。
赤色と緑色でコンポスト1つ分の材料になっています。

この画像を印刷するか、書き写すかしてホームセンターへ持って行ってください。
木製コンポスト製作マニュアル内には、アルファベット表記なしの印刷用画像も用意してあります。
 
ホームセンターの木材カットサービスの利用方法については、下記記事を参考にしてください。

ホームセンターで木材カットサービスを利用する方法


 

コンポストを組み立てる

材料と道具がそろったら、組み立てていきます。
まずは、外枠を作ります。

※図中のアルファベットは、木取り図のアルファベットに対応しています。
 
外枠ができたら、底板(1枚目)を付けます。

 
次に、底板(2枚目)を付けます。

底板を二重にすることで、土の重さに耐えられる強度を出しています。また、隙間から土が漏れるのも防いでくれます。
 
最後に蓋を作ります。

ストッパー(板F)の位置は、箱にきちんと重なるように、現物合わせで確認してください。
 
やすりがけをして完成です。

蓋の角を丸くしたい場合は、下記記事の方法で簡単に丸くできます。

ノコギリとヤスリで曲線を切り出す方法【スマイル工房かんたんDIY講座2】


 

自作コンポストで楽しいDIYライフを


構造がシンプルな木製コンポストは、DIYの入門用として最適です。
ぜひ自作のコンポストで、良い肥料を作ってください。
 
記事内の画像をまとめたマニュアル(PDFファイル)は、こちらからダンロードできます。
 
コンポストの使い方(有機堆肥の作り方)は、こちらの記事で解説しています。

コンポストの使い方【生ごみを使って有機堆肥を作る】


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です