みんなでボーリング遊びを楽しむための端材DIY【木工DIY】


こどもたちが大好きなボーリング遊び
室内で楽しむことでき、梅雨の時期でも盛り上がることができますね。
 
ただ、「ボールを転がす」「ピンをねらう」という動作は、小さな子や障がいをもっている子にとっては難しい場合もありますよね。
 
そこで、今回は端材を使って「だれでもボールを転がせるスロープ」を作ってみようと思います。
 
材料はその辺にあった端材

ずっと前に作ったままごとキッチンを解体して出た端材だと思います。
穴や墨線が残ったままのシナ合板とヒノキ材
 
今回は図面なしで作りました。
誰かに頼まれたわけでもないので、のんびり考えながら作りたいと思います。
なので、かなり雑で適当です。。。
 
まずは木材をカット

 
上の穴からボールを落としたり、スロープに直接入れたりできます。

 
穴の前にはボールが飛び出さないようにストッパーを付けるといいですね。

 
このスロープがあれば、誰もがボーリング遊びを楽しむことができるはず!
「ボールを掴む」「ボールを穴に入れる」という動作の練習にもなりますね。

ボールは問題なく転がって、しっかりとピンを倒してくれますが、全体的な歪みが気になる。。。要修正ですね。
 
今回はおもちゃのボーリングにサイズを合わせましたが、スロープのサイズを変えればペットボトルをピンに使ったボーリングにも対応できますよ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です