穴あけの時に、木割れやバリを防ぐコツ【木工DIY】


木材にドリルで穴を空けるときに、
・木材に穴を空ける時に木が割れてしまう。
・穴の周りの木材が欠けてしまう。
 
今回は、こんな悩みに答えます。
 
実はちょっとしたひと手間で、見違えるほど綺麗な穴を空けることができるようになるんです。
 

下にいらない木材を置く

準備1
穴を空けたい木材の下に、使わない木材などを置きます。これで、裏面のバリを防ぐことができます。
 

ドリルの逆回転で木材をけがく

けがき
ここでいきなり穴を空け始めると、木が割れたり、大きなバリができてしまったりします。
綺麗な穴を空けるコツは、最初にドリルを逆回転させて、木材をけがくことです。
 
通常、木材に穴を空けるときには、ドリルは右回転です。
ですが、最初にドリルを左回転させることにより、写真のように木材をけがくことができます。
 

けがいた跡に合わせて、穴を空ける


その後、ドリルを右回転に切り替えると、バリの少ない綺麗な穴を空けることができます。

ドリルは高速回転で

木が割れないように気を付けようとすると、どうしてもドリルの回転数を落としてしまいがちです。
けれど、回転数を落とすと、穴の仕上がりが荒くなってしまうことがあります。
 
ドリル刃は、高速で回転させることで、その切れ味を最大限に引き出すことができます。

つまり、最初に逆回転で木材をけがくことで割れやバリを防いでおき、次にドリルの高速回転で一気に穴を空けることで、綺麗な穴を空けることができるようになります。
 
とても簡単な方法なので、ぜひお試しください!
 

こちらの記事もおすすめです

他の記事でも、DIYのちょっとしたコツを紹介しています。
ぜひご覧ください。

ノコギリとヤスリで曲線を切り出す方法【スマイル工房かんたんDIY講座2】

紙やすり(サンドペーパー)の種類と使いかた【DIY講座】

厳選5つ!DIYで最初にそろえる道具とは?


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です