ままごとキッチン用の蛇口

ままごとキッチン用の蛇口を作りました。ちょうどよい端材が出た時に、練習として作ることがあります。
 

いくつかの端材を木工用ボンドで貼り合わせて、それを加工しています。
 

「蛇口」の語源は?

と、ここで蛇口という言葉が気になり、その語源について調べてみました。
「水が出てくる部分が、蛇みたいに曲がってるからかな?」なんて安易に考えていましたが、どうやら調べてみると違うみたいです。
 

日本で初めて水道が開設されたのは、明治20年の横浜。その頃は、各家庭に水道が通っているわけではなく、道路脇に設けられた共同で使う「共用栓」を利用していたようです。
 

ただ、当時の共用栓はほとんどがイギリスからの輸入品で、ヨーロッパの水の守護神であるライオン(獅子)がモチーフとされていたとのことです。このことから「獅子頭共用栓」と呼ばれていました。
 

日本で共用栓が作られるようになると、日本や中国の水の守護神である「龍」をモチーフとして作られることに。龍は空想上の生き物で、その元になったのは実際に存在する「蛇」。
このことから、日本で作られた共用栓は「蛇体鉄柱式共用栓」と呼ばれ、現在の「蛇口」になったそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です