図工教材の残りの木材で、日輪刀を作ってみました


小学3年の娘が持ち帰ってきた図工教材「ギコギコトントン」の残り木材
 
結構な量があったので「何か作りたい」という話になりまして。
 
先日、映画「無限列車編」を観にいったこともあり、大ハマり中の「鬼滅の刃」の日輪刀を作ることになりました。
 

昔からそうなのか、最近がそうなのか、便利な教材がありますね。
いろいろな長さや厚さ、種類の木材が入っていて、なおかつ紙やすりと釘付き。
 
この一箱があれば、木工を十分に楽しむことができますね。
 
刀身と柄は、溝を掘って、木工用ボンド+木ネジで接合。
鍔は、穴をあけて刀身にはめ込み木工用ボンドで固定。

溝の掘り方は、こちらの記事を参考に

溝を掘って木材をつなげる方法【木工DIY】


 
なかなか本格的な日輪刀ができました。

 
木材が足りなかったので、鞘はその辺にあった端材を組み合わせて作りました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です