自家製堆肥を使って、イチゴの苗を植えました。

イチゴ

木製コンポストで発酵させていた堆肥が完成したので、イチゴの苗を植えました。

 

夏頃から生ごみを発酵させ始めて、そのゴミが完全に分解されたのが秋頃。

完成した肥料をどうやって使おうか考えていたら、いつの間にかこんな時期になってしまいました。

 

せっかく作った肥料だから、何かに使わないと!

と思って苗屋さんに行ったところ、ちょうどイチゴの苗を発見。

早速、買って帰りました。

 


まずは、土の準備

発酵させた堆肥を、花壇の土に混ぜ込みます。

 

次は畝づくり

ちょっとわかりにくいですが、我ながら綺麗な畝ができました。

 

そして、イチゴの苗を植えつけます。

イチゴ

静岡イチゴの「章姫(あきひめ)」を植えました。

大事に育てていこうと思います。

 

木製コンポストの作り方は、こちら↓

木製コンポストの作り方

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です