材料2つ!溶けない雪の作り方◆200円で作れる【100均DIY】

遊び

水遊びのお供におすすめな<とけない雪>

真夏でもひんやり!雪遊びの感覚を楽しむことができます。

【この記事は、こんな方におすすめ】
・夏でも雪遊びを楽しみたい。
・水遊びの時に、プラスアルファのお楽しみがほしい。

それでは作っていきましょう!

スポンサーリンク

材料

  • 重曹
  • リンス(コンディショナー)

この2つだけです!

溶けない雪の作り方

1.重曹を大きな容器に入れます。


バケツやバットなど、大きめの容器の方がいいです。

2.リンス(コンディショナー)を重曹に加える。

3.重曹とリンスを混ぜ合わせる。

4.ギュッと握ってまとまる程度になれば、完成!

以上です。簡単ですよね。

重曹もリンスも100円ショップで買うことができるので、合計200円で作ることができます!

スポンサーリンク

さらに楽しむために

こぼれても大丈夫なように

混ぜ合わせる時や、遊んでいる時には、重曹が周りにこぼれます。
お風呂場や外、もしくはビニールシートの上など重曹がこぼれても大丈夫な場所&洗い流せる場所で遊ぶのがベストです。

冷蔵庫で冷やすとさらに雪っぽくなる

重曹の温度が体温よりも高くなることはないので、そのままでも触るとひんやりします。
けれど、この「溶けない雪」を冷蔵庫に入れて冷やすと、本物の雪のように冷たくなります。

ただし、リンスの香りが強いので、冷蔵庫に入れる際にはジッパー付きの袋など密閉できるものに入れて、しっかりと口を閉じるようにしましょう。

リンスの色によって、色違いの雪を作ることもできる

今回は「雪」をイメージしたので白いリンスを使いましたが、白以外のリンスを使うと、色違いの雪を作ることもできます。
何色かの雪ができると、おもしろいかもしれませんね。

まとめ

今回は、夏でも雪遊びを楽しむことができる「溶けない雪」の作り方を紹介しました。

これから本格的な夏がやってきます。
遊びの中にもちょっとした涼を取り入れて、暑い夏を楽しく乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました