「ぎんなみ商店街の事件簿」井上真偽【読書記録】前代未聞のパラレルミステリ

ぎんなみ商店街の事件簿 小説

井上真偽さん著「ぎんなみ商店街の事件簿」の読書記録です。

さとし

ネタバレなしの記事なので、未読の方もどうぞ。

スポンサーリンク

「ぎんなみ商店街の事件簿」のとは

ぎんなみ商店街の事件簿は、「Sister編」と「Brother編」の2冊同時発売。一つの事件、同じ証拠でもたどり着く結論が違うというパラレルミステリです。

Brother編


著者:井上真偽
出版社:小学館
発売日:2023/9/13

ぎんなみ商店街近くに住む元太・福太・学太・良太の兄弟。母は早くに亡くなり父は海外赴任中だ。ある日、馴染みの商店に車が突っ込む事故が起きる。運転手は衝撃で焼き鳥の串が喉に刺さり即死した。事故の目撃者は末っ子で小学生の良太。だが福太と学太は良太の証言に違和感を覚えた。弟は何かを隠している? 二人は調査に乗り出すことに(第一話「桜幽霊とシェパーズ・パイ」)。

中学校で手作りの楽器が壊される事件が発生。現場には墨汁がぶちまけられ焼き鳥の串が「井」の字に置かれていた。学太の所属する書道部に犯人がいるのではと疑われ、兄弟は真実を探るべく聞き込みに回る(第二話「宝石泥棒と幸福の王子」)。

商店街主催の「ミステリーグルメツアー」に随行し、長男で料理人の元太は家を空けている。学太が偶然脅迫状らしきものの断片を見つけたことから、元太が誘拐事件にかかわっている可能性が浮上。台風のなか兄の足跡を追う福太たちに、ある人物が迫る!(第三話「親子喧嘩と注文の多い料理店」)
出典:Amazonより抜粋

Sister編


著者:井上真偽
出版社:小学館
発売日:2023/9/13

ぎんなみ商店街に店を構える焼き鳥店「串真佐」の三姉妹、佐々美、都久音、桃。ある日、近所の商店に車が突っ込む事故が発生した。運転手は衝撃で焼き鳥の串が喉に刺さり即死。詮索好きの友人を止めるため、都久音は捜査に乗り出す。まずは事故現場で目撃された謎の人物を捜すことに。(第一話「だから都久音は嘘をつかない」)

交通事故に隠された謎を解いた三姉妹に捜査の依頼が。地元の中学校で起きた器物損壊事件の犯人を捜してほしいというものだ。現場には墨汁がぶちまけられ、焼き鳥の串が「井」の字に置かれていた。これは犯人を示すメッセージなのか、それとも……?(第二話「だから都久音は押し付けない」)

「ミステリーグルメツアーに行く」と言って出掛けた佐々美が行方不明に!? すわ誘拐、と慌てる都久音は偶然作りかけの脅迫状を見つけてしまう。台風のなか、姉の足跡を追う二人に、商店街のドンこと神山が迫る――。(第三話「だから都久音は心配しない」)
出典:Amazonより抜粋

事件が多角的に見えるパラレルミステリ

「ぎんなみ商店街の事件簿」のおもしろさは、何と言ってもSister編とBrother編を合わせて読んだ時の衝撃。同じ事件、同じ証拠でもそれぞれの探偵がたどり着く結論は全く違うもの。一方では気付かなかった真実がもう一方で判明したり、事件の違う側面が見えてきたり。

Sister編の探偵役は三女、ワトソン役は次女。Brother編では探偵役は三男、ワトソン役が次男。それ以外の兄弟姉妹もさまざまな形で事件にかかわってきます。

「ぎんなみ商店街の事件簿」おすすめの読み方

Sister編、Brother編のどちらを先に読んでも全く問題はありません。それでも個人的には、章ごとの交互読みがおすすめです。しかも、Sister編1章→Brother編1章→Sister編2章・・・の順番で、Sister編からの交互読みをおすすめしたい。その方が、読み終わったあとの最終章の事件の収まりが良いような感じがしました。

さとし

一度全部読んで、次は違う読み方をしてもおもしろいと思います。

まとめ

一つの章で一つの事件なので、サクッと読める長さです。登場人物たちの印象が、Sister編とBrother編で変わってくるところもおもしろいですね。この兄弟姉妹のその後も読みたい作品です。続編出てほしい。

Kindleなら合本版もあります。

この記事を書いた人
さとし

二児の父。静岡在住。年間100以上の本を読みます。
趣味のDIYや読書について投稿します。
最近はダイエットにも挑戦していて、半年で10kgの減量に成功しました。

DIY、健康、読書メインの雑記ブログです。

さとしをフォローする
小説
スポンサーリンク
スマイル工房

コメント

タイトルとURLをコピーしました