簡単!三角竹馬の作り方【木工DIY】

木工

こどもたちの外遊びにおすすめの「三角竹馬」
幼稚園や保育園でも、保育の中に取り入れているところも多いようです。

【こんな方におすすめ】
・三角竹馬の作り方を知りたい。
・自分で三角竹馬を作ってみたい。
・完成度の高いちょっとこだわりの三角竹馬を作りたい。
スポンサーリンク

三角竹馬(簡単バージョン)の作り方

材料

材料は、全てホームセンターで揃います
・30mm×40mmの木材(長さ1820mm)…2本
・木ネジもしくは釘(40mm〜50mm程度)…6本

*木材に関しては、同じぐらいの太さであれば問題ありません。今回は再現性を高めるために、ほとんどのホームセンターで購入できるホワイトウッドの材(30mm×40mm×1820mm)を使用しました。

作り方

木材を以下の長さで切ります。ホームセンターでカットしてもらうと簡単で正確です。
・100cm…2本
・70cm…1本

ホームセンターで木材カットサービスを利用する方法
以前、下の記事内で「木材のカットはホームセンターのカットサービスを利用しましょう」ということを書きました。 今回は、 ・木材カットサービスの使い方がわからない ・やったことないから緊張する ・欲しいサイズをどうやって伝え...

三角竹馬を使う人の身長によっては、長さを調整してください。

木材の長さの目安としては、
長い木材=身長×90%
短い木材=長い木材の長さ×70% です。

ただ、サイズぴったりでなくても乗ることはできるので、そこまで気にする必要はありません。

木材をカットしたら、3本を二等辺三角形に並べます。

木ネジもしくは、釘で固定して完成です。

*簡単バージョンの作り方の場合、木材の厚み分の歪みができます。遊ぶのには問題ありませんが、次に紹介するこだわりバージョンの方が見た目や強度の面で優れています。

三角竹馬(こだわりバージョン)の作り方

基本的な作り方は簡単バージョンと同じですが、溝掘りと角度切りを入れることで組み合わせた時の歪みをなくし、強度を出します。
作りごたえのある内容ですので、腕試しに挑戦してみてください。

材料

木材は同じですが、簡単バージョンとは木ネジの長さが違うので気を付けてください。
・30mm×40mmの木材(長さ1820mm)…2本
・木ネジ(25mm程度)…2本
・木ネジ(35mm〜40mm程度)…4本

*木材に関しては、同じぐらいの太さであれば問題ありません。今回は再現性を高めるために、ほとんどのホームセンターで購入できるホワイトウッドの材(30mm×40mm×1820mm)を使用しました。

作り方

木材のカットは、簡単バージョンと同じです。

長い木材に溝を掘ります。

溝を掘る位置は、木材を重ねて、ちょうど良い位置や角度にしてください。

溝の掘り方は、こちらの記事で解説しています。

溝を掘って木材をつなげる方法【木工DIY】
DIYで木材を組み合わせる時に、この写真のように溝を掘って組み合わせたいと思うことはありませんか? ちょっとしたことで、見た目の雰囲気が変わったり、本格的に見えたりするのがDIYの楽しいポイント。 今回は、基本的な道具だけでできる溝...

溝を掘ったら、二本を組み合わせます(まだネジでの固定はしません)。

短い木材の位置を決めて、溝を掘ります。

※注意※
溝を掘るのは、長い方の木材のみです。

↓こうなるように、長い方の木材にのみ溝を掘ってください。

溝を掘れたら、三本を組み合わせて木ネジで固定して完成です。

「こだわりバージョンが欲しいけど、作るのはちょっと難しそう」という方は…

お問い合わせフォームよりご連絡ください。
カット、溝掘り、木ネジ用の下穴あけ済みの「三角竹馬作成キット」を販売します。
木ネジもお付けしますので、プラスドライバーがあれば三角竹馬こだわりバージョンを作ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました