フェルトのドーナツの作り方【布小物DIY】100均材料でOK!

DIY

おままごとやインテリアとしても使えるフェルトのドーナツの作り方をご紹介。
材料はすべて100円ショップで手に入るので、気軽に作ることができます。
たくさん作って、ドーナツ屋さんごっこをするのも楽しいですね。

スポンサーリンク

材料

  • フェルト
  • フェルトと同じ色の糸
  • 綿

この3つです。
最近の100円ショップでは、フェルトも糸も何色かセットのものが100円で売られています。

フェルトドーナツの作り方

材料がそろったら、さっそく作っていきましょう。

今回は、このストロベリーチョコクランチドーナツの作り方を例にします。

型紙を作る

まずは型紙を作ります。画用紙に描くと使いやすいです。
ドーナツのベースになるのは、半径5cmと半径1cmの円を組み合わせたものです。

トッピングに使う型紙は、ドーナツのベースをもとに作ってください。

トッピングを縫い付ける

型紙に沿って、フェルトを切ります。

ドーナツのベースは2枚必要です。
チョコクランチ用の茶色いフェルトは、型紙はありません。ランダムに小さく切ってください。

ドーナツの1枚に、トッピングをしていきます。
まずイチゴチョコを縫い付けましょう。

ベースとチョコをまち針や手芸クリップで留めます。
糸は、トッピングのフェルトと同じ色を2本どりで使います。

手芸クリップはCloverのものがおすすめです。

Clover 仮止めクリップ 22-736
針で穴が開いてしまう、ラミネート生地、合皮、革などのソーイングに。 待針で留めにくい生地の仮止めに!厚地、ファスナー、ふちどりテープの仮止めに!生地が重なって厚くなる部分に!ロックミシンのソーイングに!様々なシーンで活躍します。 開口幅が大きいので(最大約10mm)、厚い部分もつかみやすくなっています。生地が浮きにくく...

ベースとトッピングのフェルトをまつり縫いで縫いつけます。

内側と外側をまつるとこんな感じです。

イチゴチョコのあとは、チョコクランチをトッピング!

こちらもチョコクランチと同じ茶色の糸2本どりで縫いつけましょう。
裏側から針を通して、もう一度裏側へ刺します。

これを繰り返して、チョコクランチを全体に散らしましょう。

裏から見るとこんな感じ

スポンサーリンク

ドーナツを組み立てる

トッピングが完成したら、ドーナツのベース2枚を縫い合わせます。
ドーナツのベースと同じ色の糸を2本どりで使いましょう。

縫い合わせは、かがり縫いで。

まずは内側の円を縫い合わせましょう。
まち針や手芸クリップで留めると縫いやすいです。

次に外側を縫い合わせます。

綿の入れ口として、4分の1程度を残して、針は刺したままにしておきます。

仕上げ(綿を詰める)

縫い合わせていない部分から、綿を詰めていきます。

奥の方までしっかり詰めると、完成した時にきれいな形になります。
内側の円の周りも、指を曲げて丁寧に詰めていきましょう。

最後は、綿を詰めながら入れ口を縫い閉じていく感じですね。
綿を詰めて縫い閉じたら、全体を揉んで綿をならします。

これで完成です。
慣れると1つ30分ほどで作れますよ。

ちなみに・・・
トッピングを縫い付ける時は、波縫いでも大丈夫です。
出来上がった時の印象が変わるのでお好みで。

↑左がまつり縫い、右が波縫いです。

まとめ

基本の作り方は同じなので、色やトッピングの組み合わせを変えればどんなドーナツでも作れますよ。

100円ショップで材料を揃えると、フェルト、糸、綿の300円でドーナツを作ることができます。

たくさん作ってごっこ遊びをするもよし、インテリアにするもよし、キーチェーンを付けてキーホルダーにしてもかわいいですね。

ぜひお試しください!


フェルトの端切れができたら、しっぽ取り用のしっぽも作ってみては?

簡単!しっぽ取り用のシッポの作り方【布小物DIY】ごっこ遊びやハロウィン衣装にも
・しっぽ取りのシッポには何を使えばいいの? ・ごっこ遊び用のシッポが欲しい。 ・ハロウィンの仮装用にシッポを作りたい。 そんな悩みに答えます。 僕は、10年以上幼稚園教諭として保育に携わってきました。現在は、児童指導員として...

コメント

タイトルとURLをコピーしました